ペーパードライバー ペーパードライバー教習

高速道路でのポイント

 高速道路では右側の車線が追い越し車線です、あまりにも右車線を走っていると、片側通行区分違反(追い越し車線は追い越しのときのみ使用する)となりますので、流れに添って左車線に戻りましょう。i一般道と違い高速道路は左側に人や自転車や停車車両はありませんので流れに乗った制限速度で左側を走行することが安全です。
 注意点としてはインターなどの合流はほとんどが左からですので、合流は気をつけて下さい。合流車が来ましたら、状況をみて加速してあげるか、減速するかの判断をして下さい。あまり迷うことは余計に危険が伴います。加速するのでしたら、早めにアクセルを踏みこみ加速しましょう。追い越し車線があいていれば車線変更するのも良いでしょう。
高速道路での安全運転はスムーズな合流と流れに乗った制限速度で走行することです。
駐車のポイント
◇外出先でのポイントは入れ易い所を探す事が大事です◇

 下の図で説明しますとあせらずゆっくりまずは青で囲まれた部分の体制図づくり。不安になったら必ず降りてみる。何回降りてもいいのです。慣れてくればきっとスムーズに入ります。車半分入ったらもう完璧!あとは前進して車をまっすぐ、両側の車との空きを均等にしながら調整しまっすぐバックです。後ろがどこまでかは降りて確認します。(どんなにうまい人でも同じ事をしていますよ。
 慣れないうちはハンドルがどっちに向いてるか分らなければ窓を開けてタイヤを見ればわかります。また慣れれば少し前に車を動かせば車の進む方向で分ります。
(左に進めばハンドルはまっすぐではなく左に回っていると言うことです。)
駐車イメージ
次のページへ

お問合せはこちら
TEL 03-3512-9896   e-mail paperdriver@winwintool.com
バナー

TOPページへ


ペーパードライバースクール ウインクリエート
Copyright: (C) 2002 WINCREATE Co All Rights Reserved
ペーパードライバー