ペーパードライバー ペーパードライバー教習

実践運転他
 事故は、予測と気配りでほとんどが未然に防げるものです。事故を起こしがちな方は、どこかに問題があると思われます。そこに気づいて直せば明日から安全運転ドライバーにきっとなれます。
(例)Aさんの場合
何度も事故を起こしてしまっていましたが、どうしても原因がわからない・・・?
そこで横に乗ってAさんの運転を見ていた所自分では気づいていない以下の問題点がわかりました。

@一時停止場所で、自分は止まっているつもりでも減速していただけだった。
A狭い道での安全確認を行っておらず、制限速度を自然に超えており、交差点でまったくアクセルから足が離れておらず減速もまったくしていたかった。(どちらが優先かわからない道路はいつ車や歩行者が出て来ても止まれる速度でブレーキに足を置いて通り過ぎる事が大切です)
B右折時も対向車線の車が来ているにもかかわらず、見切り発車してしまう。
などなどいろいろな問題点があり、その点を注意するようになりまったくというほど事故を起こさなくなりました。

事故とはほんの一瞬の迷い・確認ミス・よそ見などで起こる事が多いと思われます。皆様ももう一度ご自身の運転を見直し安全運転を行って下さい。
通常走行時のポイント
 左寄りに走れば停車してる車/バス/自転車など障害物が多くて車線変更が多く伴います。1車線道路の時はセンターライン寄りに!2車線でしたら出きれば中央車線を走行することが実践的には安全です。
 安全第1です。走りやすい方を走り、左折の場合は左車線に移り、右折の場合は右折車線にスムーズに車線変更することが大切です。

次のページへ

お問合せはこちら
TEL 03-3512-9896   e-mail paperdriver@winwintool.com
バナー

TOPページへ

ペーパードライバースクール ウインクリエート
Copyright: (C) 2002 WINCREATE Co All Rights Reserved
ペーパードライバー